歯列矯正歯科TV
Web無料相談 サイトマップ サイトポリシー 運営者のご案内
TOPページへ
矯正歯科の基礎知識
歯と歯並びの役割
歯と歯並びの役割
悪い歯並びの原因
悪い歯並びの影響
悪い歯並びとは?
叢生(そうせい)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
開咬(かいこう)
空隙歯列(くうげきしれつ)
矯正法の種類
一般的な矯正法
見えない矯正法

ハリウッド・スマイル矯正歯科

矯正歯科のすべて
戻る次へ
悪い歯並びとは?
下顎前突(かがくぜんとつ)


受け口(下顎前突)

下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、下顎前突(かがくぜんとつ)といいます。
うけ口は、下顎が大きすぎるか、上顎が小さいことが原因で、また内分泌系の病気が関係していることがあります。
軽度の場合は、抜歯をせずに簡単に治療する方法もありますが、症状の目立つ方は、手術によって治療することも可能です。
手術には様々な方法があります。

受け口(下顎前突)

治療後イメージ
◎受け口の治療例
治療前 治療後
治療前 治療後
治療前 治療後


戻る次へ
TOPページへ